顔タイプ診断

クールタイプに似合うブランド

ブログをご覧いただきありがとうございます。

顔タイプアドバイザーsayaka(@saya_cosme)です。

先日、Twitterにてクールタイプ におすすめなブランドを3つ紹介させていただきました^^

本日は、ご紹介した3つのブランドの解説と、その他のおすすめなブランドもご紹介したいと思います。

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです^^

クールタイプ が似合うテイストは?

クールタイプ は、大人タイプでクールで凛々しいお顔立ちです。

そんなクールタイプ の方は、

「クール」、「マニッシュ」、「モダン」なテイストがお似合いになります。

クールタイプ が似合うブランド

Theory

一つ目にご紹介するのは、Theoryです。

とにかくパンツの種類が豊富!そしてクールタイプが得意なデザインが多いです!

流行り廃りのない定番なデザインも多いので、Theoryのパンツ数本持っておけば長く着られると思います。

長く良いものを使いたいという方に、ぴったりなブランドです^^

パンツだけでなく、秋物のアウターもクールタイプに合うものがたくさんあったので、

これからの秋物のアウター選びにも参考になると思います♡

PLST

二つ目にご紹介するのはPLSTです。

PLSTというと、「美脚パンツ」のイメージを持つ方も多いと思います^^

センタープレス入りでハリのある素材のパンツで重宝すること間違いなしですね!

シンプルで、カジュアルさや柔らかさのあるアイテムもあるので、

フレッシュ向きやソフトエレガントタイプ向きのアイテムもあるので、

直線的なアイテムを見極めて活用したいブランドですね。

ジレやジャケット、レザーパンツなど秋物は特にクールタイプ向け豊富な印象でしたのでぜひ♡

COS

三つ目にご紹介するのは、COSです。

シンプルでネックラインが襟付きやVネック等の直線的なデザインが多いです、

顔に近いアイテムは、印象を大きく左右するのでネックラインが顔タイプに合うものが多いのは、

トップスでかなり重宝するブランドだと思います!

Theory luxe

ここからはtwitterではご紹介していないブランドになります。

一つ目のTheoryと同じ系列のブランドなんですが、

洋服に投資を惜しまないよ!というクールタイプの方にはぜひチェックしてほしいブランドです!

ブランド名に「luxe」と入っているだけありお値段は高めなのですが、

クールタイプの魅力が発揮される洗練されたデザインのアイテムが揃います。

大人のクールタイプの方におすすめです♡

ICB

ICBは、「流行っているものより自分にあうもの」をコンセプトにされているブランドで、

基本的にネックラインが、クールタイプの得意なVネックや襟つきが多めです。

カラーもベーシックなダークカラーが多めなのでよりクールな印象に!

私は、クールタイプのセットアップスタイルがとても好きなのですが、

シンプルだけど直線的な要素があるセットアップがICBだと見つかると思います^^

セットアップのハンサムスタイルで、一目置かれるクールな魅力を発揮しちゃいましょう!

その他

その他にもこんなブランドもおすすめです。

  • BARNEYS NEWYORK
  • index
  • UNITED ARROWS
  • Calvin Klein
  • ZARA等

季節やその年によって、トレンドや取り扱うアイテムも異なるので、取り上げたブランドの中でも似合う・似合わないアイテムの見極めは必要ですが、比較的お顔立ちに合うアイテムが見つかりやすいと思います!

似合うブランド探しのポイント

クールタイプ は、名前の通り「クールさ」が魅力のタイプなので、

マニッシュなスタイルが似合うタイプです。

クールタイプ向けのブランドは、

シャツやパンツ、ジャケットスタイルが多いブランドは似合う確率が高いですね!

あとは、クールな外国人モデルの方がinstagramやオンラインサイトのLOOKに出てくることが多いです。

その辺りも、見かけた時に似合うブランドかも?とアンテナを張ってみるのも面白いですね^^

最後に

いかがでしたか?

クールタイプの方はこれからの季節、

特に秋は得意なファッションが多いと思います。

レザーの素材や、定番のジャケットからライダース、シャツなど

似合うアイテムが活躍する時期になるので、

ぜひご紹介したブランドを参考にしていただけると嬉しいです^^

最後までお読みいただきありがとうございました!

今回ご紹介した以外にもおすすめなブランドはnoteでご紹介しています。

似合うアイテムの見つけ方やヘアスタイルなども徹底解説しているので

ご興味がある方はこちらからお読みいただけます↓